【主張】王毅外相の非礼 毅然とした対中外交貫け

 中国の王毅外相が河野太郎外相との初会談の冒頭、「あなたの発言を聞き、率直に言って失望した」と反発した。

 これに先立つ東アジアサミット(EAS)外相会議で、河野氏が南シナ海問題をめぐり中国を批判したことをとらえたものだ。

 王氏はさらに、「米国があなたに与えた任務のような感じがした」とも語ったという。一国の外交の責任者に対し、礼を失するにもほどがある。

 河野氏は「中国には大国としての振る舞い方を身につけていただく必要がある」と切り返した。

 王氏の非礼発言を、河野氏の毅然(きぜん)とした態度が引き出したとすれば、これは得点である。南シナ海問題で、日本側は今後とも一歩も譲る必要はない。

 フィリピンで開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)の一連の会合では、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射した北朝鮮への懸念表明が相次いだ。

 一方、中国が軍事拠点化を進める南シナ海問題では、中国がASEANと「行動規範」をめぐる協議が順調に進んでいると主張し、日米などを「域外国」として関与を拒否する姿勢を強めた。

 河野氏に対しては、「他の国家の背後で騒ぎを起こしたり挑発したりしないよう求める」とまで言い放ったとされる。

 南シナ海の大半に主権が及ぶとする中国の主張は昨年、オランダ・ハーグの仲裁裁判所の裁定で明確に退けられている。日米がASEANと連携して中国を批判するのは当然のことである。

 中国が、露骨にASEAN諸国の分断を図っていることにも目を向けねばならない。

 王氏は一連の会合の直前、懐柔してきたフィリピンを訪れて中国の支援と友好をアピールした。一方で、対中強硬姿勢を貫いたベトナムとは、予定されていた外相会談をキャンセルした。

 ASEAN加盟国のみの外相会議による共同声明のとりまとめは南シナ海問題の表現をめぐる意見の違いから手間取り、中国に配慮した「一部の懸念に留意」との表現にとどまった。

 南シナ海はどの国にとっても重要な交易ルートであり、自由な海でなければならない。中国の無法な軍事拠点化を阻止するため、正当な主張を貫く重要性を関係国は再認識してほしい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ