【甘口辛口】国立競技場の思い出話もできなくなる!? トラックにも戦時中の暗い過去

■8月11日

 1964年東京五輪のメインスタジアムだった国立競技場のトラックを走ったことがある。中学2年のとき、区の総合体育大会で80メートル障害に出てメイン走路を駆け抜けた。極めて遅い時計の決着となり、接戦の末、真っ先にゴールラインを通過。決勝線に張られた糸が擦れて首にできた一直線のやけどの痕が、勲章のようにいつまでも残っていたのを思い出す。

 それを2020年の後に生まれてくる子らに話しても嘘だと思われるだろう。建設中の新国立競技場は3年後に開かれる五輪後、トラックがなくなるからだ。

 年間24億円とされる維持管理費が必要なうえ、陸上の国際大会開催に必要なサブトラックの常設化が困難なため、トラック部分を座席にして集客能力の高い球技専用に生まれ変わる。フィールドと座席の距離が近くて臨場感が高まれば、コンサート会場としても人気を博しそうだ。

 コスト面に国民の厳しい目が注がれる昨今、維持費捻出のために仕方がないというが、国立競技場のトラックがなくなることに寂しさを禁じ得ない。小欄の自慢話ができなくなるからではない。二度と繰り返してはならない「負の遺産」も消滅するから。

 国立競技場は第二次世界大戦中、学徒出陣の第1回壮行会の舞台となった。兵力不足を補うため、文科系の学生を徴兵し出征させた学徒出陣。その壮行会をモノクロ映像で見たことがある。強い雨の中を黙々と歩く姿は、彼らの険しい未来を暗示しているようだった。学業半ばで戦争に駆り出された彼らの思いやいかに。彼らも歩いたトラックが数年後に跡形もなく消える。センチメンタルになるのは、あの日が近づいているからか。15日は終戦記念日。 (鈴木学)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ