【産経抄】北朝鮮への兵糧攻めの難しさ 9月14日

 昨日は織田信長と明智光秀について書いた。本日は豊臣秀吉の登場である。秀吉は、敵方の城への兵糧攻めを得意としていた。食糧の補給路を断ち、敵の士気を奪って城を落とす。天正9(1581)年6月には、山陰の鳥取城を包囲した。

 ▼秀吉はすでに前年から商人を使って、米を買い占めていた。高値につられて城の備蓄米まで売り払われた。毛利氏から主将として派遣された吉川経家(きっかわ・つねいえ)が城に入ったとき、もはや戦える状態ではなかった。

 ▼北朝鮮に対する国連安全保障理事会の追加制裁は、まさに兵糧攻めである。北朝鮮による核実験の強行から、わずか1週間あまりというスピード採択は評価できる。ただ、米国が当初提案していた石油の全面禁輸は、中国とロシアの反対で見送られた。

 ▼こんな中途半端な制裁で効果が上がるのか、はなはだ疑問である。「米国にかつてない苦痛を与える」。相変わらず勇ましい北朝鮮は、今後も核・ミサイルの挑発に出てくるだろう。その度に制裁を強化するしかない。核攻撃の直接の脅威にさらされている日本は、本来主導する立場である。

 ▼まして朝鮮学校を高校授業料無償化の対象にするなど論外である。東京地裁は昨日、朝鮮学校の除外は違法とする、卒業生らの賠償請求を退けた。北朝鮮の独裁者を賛美する教育は今も続いている。当然の判断である。

 ▼鳥取城に話を戻せば、4カ月後に一切の兵糧が尽きた。秀吉に降伏した経家は自害して、城兵たちの命を助けた。金正恩・朝鮮労働党委員長にこの史実を伝えても、鼻で笑われるのが落ちだろう。体制保持と自らの身の安全への執念に比べれば、国民の困窮に興味があるとは思えない。北朝鮮に対する兵糧攻めの難しさは、そこにある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ