【iRONNA発】10・22総選挙 「現実を直視せよ」最大の争点はこれだ 岩田温氏

 小池新党の登場で政局が目まぐるしく動き出した。安倍晋三首相の電撃解散に始まった「10・22総選挙」の行方に注目が集まるも、その争点はすっかりかすむ。いま国民に信を問うべき本当の争点は何か。

 今回の総選挙の最大の争点は何か。それは朝日新聞が9月26日付社説で批判した「憲法と立憲主義をないがしろにする首相の政治姿勢」などという、抽象的な問題ではない。現実を直視するか否か、それこそが最大の争点である。

 戦後わが国の平和と繁栄を守ってきたのは、自衛隊と日米同盟の存在である。自衛隊、日米同盟なしに戦後日本の繁栄はありえなかった。しかし、こうした現実を直視せずに、戦後日本の平和を「憲法9条」のおかげであると信じ込もうとする人々がいまだに存在している。彼らは日本国憲法を「平和憲法」と呼び、「平和憲法」を守ることが日本の平和を守ることにつながると信じ込んでいる。

 日本国憲法では、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とうたう。だが、これは事実に反する言葉だと言わざるを得ない。日本国民の誰が核武装への道をひた走る北朝鮮の「公正と信義」に「信頼」しているのだろうか。

 「日本列島の4つの島は、チュチェ思想の核爆弾によって海に沈むべきだ。もはや日本は私たちの近くに存在する必要はない」などと公言する国家にわが国の平和を委ねるわけにはいかない。実際に「われらの安全と生存を保持」しているのは、自衛隊の方々が日夜平和のために汗を流しているからであり、堅牢(けんろう)な日米同盟が存在しているからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ