井上和彦氏「学校の教育そのものがでたらめな部分が多い」 歴史認識で見解

 〈宮城〉仙台市青葉区の江陽グランドホテルで12日、開かれた仙台「正論」懇話会の第49回講演会。講師に招かれたジャーナリストの井上和彦氏の解説に、約70人の来場者は熱心に耳を傾けた。

 講演後の質疑応答では、「『日本はアジア諸国に謝罪が必要』と主張する与党の政治家もおり、歴史認識について勉強不足なのではないか」という来場者の質問に対して、井上氏は「学校の教育そのものがでたらめな部分が多い」と説明。

 その上で、「実際の歴史について話をすると、『たしかにその通りですよね』と腑に落ちる。事実ではないことを言われるから腑に落ちない。歴史の戦いが続いている。あまりにも現地を見ていない人が多い」と鋭く指摘した。

 また、現代の子供たちにとっては教育の影響などもあり、先の大戦は過去になってしまったため、次世代に語り継いでいく教育が必要ではないか、との問いかけには、インドネシア・ジャワでオランダ軍を降伏させ、寛容な軍政を敷いた仙台市出身の今村均陸軍大将を例に挙げ、「宮城は仁愛に満ちた将軍がうまれた地。郷土愛を子供たちに伝え、日本の名将を教えることで、勇気を持って将来に羽ばたいていけるのではないか」と応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ