【iRONNA発】拉致問題 解決を「トランプ任せ」にしていいのか 荒木和博

 横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されてから、もうすぐ40年になる。先の日米首脳会談では、トランプ米大統領と拉致被害者家族の面会が実現したが、解決に向けて進展の兆しはない。なぜ拉致解決まで米国任せなのか。(iRONNA)

 以前、警察庁の幹部と話をしていてこう言ったことがある。

 「拉致被害者を救出できるなら法律を破りますよ」

 その幹部は何も言わなかった。むろん、彼の立場を考えれば「どうぞ破ってください」とも言えないだろうし、かといって拉致問題を解決できる自信があるわけではないから、「余計なことはしないでください」とも言えなかったのだろう。

 トランプ大統領が来てどんな約束をしても、米国に日本人拉致被害者を救出してもらうことはできない。自分でやるしかない。日本政府はこれまでの流れでいけば、憲法を盾にしてどこまでも米国任せにしようとするはずだが、それで済むほどことは簡単ではない。それどころか、今後さらに難しい問題が日本には押し寄せてくるはずだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ