【主張】歴史用語の「精選」 人描いてこそ興味が湧く

 高校の歴史教科書の用語が多すぎるとして一部教員らのグループがまとめた「精選案」が、物議をかもしている。坂本龍馬ら国民に親しまれる歴史人物の名を外し、「従軍慰安婦」などを採用した。それで正しく、楽しく学べるのか。

 高校や大学教員ら約400人でつくる「高大連携歴史教育研究会」(会長・油井大三郎東大名誉教授)が公表し、意見を募っている。

 精選案は日本史と世界史それぞれ1600余語にしぼった。現在と比べ、ほぼ半減だという。大学入試との悪循環で、授業が用語の説明に追われている。暗記より思考力育成につなげる狙いだ。

 精選の動機は理解できる。しかし提案された用語をみると「学ぶ楽しさを実感できる授業」につながるのか大いに疑問である。

 採用された「従軍慰安婦」は戦後の造語で、旧日本軍による「強制連行」と誤解させる。「南京大虐殺」は中国側の宣伝に基づくもので史実とはいえない。

 戦後用語の「逆コース」は、自衛隊発足など吉田茂内閣の動きを捉え、反対運動の際に使われた。「時代の大きな流れ」に着目し、必要な「事実用語」を残したという趣旨に適(かな)うか疑問である。

 人名では龍馬のほか、楠木正成や上杉謙信、吉田松陰らを外した基準もよく分からない。

 学年が上がるに従い、歴史の授業に興味を持てなくなるのは、人物のドラマに欠け、つまらないからである。

 人が歴史をつくってきた。そのことを再認識すべきである。難解な「応仁の乱」も登場人物の思惑などが丁寧に描かれた解説書がベストセラーになった。後世に忠心を伝える楠木正成の事績も、ぜひ生徒に知ってほしい。

 高校の次期学習指導要領で、日本史と世界史を統合した新たな必修科目「歴史総合」などが生まれる。文部科学省の指導要領改定作業が進められており、研究会の提案もこれに合わせたものだ。

 新科目で中心になる近現代は、現行教科書で、先の大戦で諸外国に与えた被害を一方的に強調する記述が目立つ。日本を悪者に描く一面的な歴史観を押しつける授業も相変わらずある。それでは勉強する気も薄れよう。

 先人が築いてきた歴史と文化に誇りを持ち、さらに学びたくなる内容を求めたい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ