【甘口辛口】浅野ゆう子結婚の背景にある、40代以上初婚件数の増加傾向

 ■1月13日 熟年美女の初婚ニュースは新鮮だった。女優、浅野ゆう子(57)が11日、同世代の一般男性と昨年末に結婚したことを発表。4年前には俳優、故田宮二郎さんの次男で恋人の俳優、田宮五郎さん(享年47)を病気で亡くした。その不幸を乗り越えての結婚でもあり、ファンの間に祝福の声が広がっている。

 浅野と言えば、若いころのトレンディー女優から脱皮。多彩な役を演じ分けられる円熟ぶりが光る。57歳ともなれば、このまま結婚しない選択もあったろうに、「この人となら」と彼女に思わせる魅力が、実業家だという彼にあったのだろう。一ファンとしては少々うらやましい気もする。

 それはさておき、厚労省の人口動態調査(2016年)によると、全国の婚姻数は年々、減る傾向にある。ところが、11年3月の東日本大震災後、男女とも40代以上の初婚件数は逆に増える傾向だという。年代別で見ると、以前から婚姻数の少ない割に伸びが目立つのは45~49歳の初婚女性。同居した年の結婚に限ると、11年の2582人から16年は4025人となり1443人増えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ