【iRONNA発】大相撲 貴乃花親方の「真の敵」は誰か 野々村直通氏

 「不倶戴天」。貴乃花親方の心中を察したとき、この言葉がふと思い浮かんだ。日本相撲協会の理事候補選挙で落選した親方は何と闘っていたのだろう。相撲道を追求する理念はもっともだが、それを阻む「真の敵」が誰か、どうも見えにくい。この騒動の核心を読む。<(iRONNA)

 「我(われ)、いまだ木鶏(もっけい)たりえず」

 大横綱、双葉山が69連勝で敗れたときの言葉である。木鶏とは木彫りの鶏である。普段は落ち着きなく動き回る鶏が、何があっても微動だにしない様(さま)を木彫りに例えたものである。これは人として悟りを開いた境地を言う。

 双葉山はこの敗戦を自らの未熟さとして、この言葉で自戒したのである。何と見事な振る舞いであろうか。強さだけではなく、この崇高な精神性が双葉山を神格化せしめた。同じく昭和の大横綱、大鵬は戸田に敗れ、連勝記録が途絶えた。しかし、この敗戦は後に「世紀の大誤審」と呼ばれる一番だったのだが、大鵬は「横綱が物言いのつくような相撲を取ったことが恥ずかしい」と自らを責めた。大鵬もまた、高潔な精神を備えていたのである。

 相撲の取り口で理想とされるのは「後(ご)の先(せん)」と呼ばれる。相手より遅れて立って攻めさせる。しかし、その後の攻防で先に立つ。これが横綱相撲と呼ばれた。しっかり相手を受け止めてから自分のペースに持ち込む。決して立ち合いで逃げたり、先制攻撃をしたりはしない。それは弱者の戦法である。横綱相撲が取れなくなった横綱は引退する。ここに大相撲の横綱としての矜持(きょうじ)がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ