【産経抄】3月12日

 「一九七一年七月十五日という日を私は一生忘れないだろう」。田久保忠衛(ただえ)杏林大名誉教授は、著書の『戦略家ニクソン』に記している。この日ニクソン米大統領は、敵対していた中国を訪問する、と電撃発表した。

 ▼時事通信のワシントン支局長だった田久保氏は、半信半疑のまま原稿を送った。いわゆるニクソン・ショックの立役者は、キッシンジャー大統領補佐官とされてきた。田久保氏によれば誤解だ。

 ▼ニクソン氏は53年に副大統領としてアジアを歴訪して以来、中国について思考を重ねてきた。キッシンジャー氏はその手足となって動いたにすぎない。トランプ米大統領が米朝首脳会談に応じる、とのニュースも、世界を驚かすのに十分だった。

 ▼ニクソン氏と違い、トランプ氏が北朝鮮の核問題について、深い知識を持っているとはとても思えない。専門家は、北朝鮮の術中にはまる懸念も指摘する。日本としては、置き去りにされたまま事態が進んでいかないよう、米側との連携を強めていく必要がある。

 ▼ニクソン訪中をまったく知らされていなかった当時の日本政府は、パニックに陥った。自民党は、昭和44(1969)年暮れの総選挙で圧勝していた。佐藤栄作政権は、前年の70年安保問題を乗り切り大阪万博も成功させて、政治的安定を享受していた。心の緩みをつかれた形である。「1970年の1年間をムダにした」。外務省の課長だった岡崎久彦氏は、駐米大使だった牛場信彦氏の嘆きの声を何度も耳にしている。

 ▼安倍晋三政権は、昨秋の総選挙で勝利を収めたとはいえ、森友学園問題の紛糾で政治の安定どころではない。今度は長期間にわたる混乱が、外交のブレーキとなっているのではないか。心配でたまらない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ