【iRONNA発】プーチン大統領 世界で孤立するロシアの焦り 名越健郎氏

 ロシアのプーチン大統領が再選を決めた。任期満了の2024年まで務めると、四半世紀近い長期政権となる。「大国ロシア」の復権を掲げ、なりふり構わぬ強権ぶりを誇示するプーチン氏。米欧との対立を深め、新冷戦時代に突入した世界はどこへ向かうのか。

 ロシア大統領選の前、内外で奇妙な動きがみられた。プーチン大統領が3月1日の年次教書演説で、激烈な反米演説を唐突に行い、戦略核戦力の開発強化を表明したのだ。この直後に英国で起きた元ロシア軍スパイ暗殺未遂事件は謎めいているが、これも大統領選と関連があったとの見方がある。

 8人が立候補した大統領選は、そもそもプーチン氏の当選が確実な無風選挙だった。事前の世論調査でも、プーチン氏の支持率は70%前後で、事実上の信任投票だったといえる。このため、選挙戦は盛り上がりに欠けた。出馬を拒否された反体制指導者、アレクセイ・ナバリヌイ氏が選挙ボイコットを呼びかけたこともあり、投票率も低いとみられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ