【iRONNA発】一万円札廃止論 「現金大国ニッポン」で受け入れられるか 加谷珪一氏

 日本の一万円札は本当に必要なのか。こんな議論がにわかにささやかれている。表向きはタンス預金解消や電子決済の普及、マイナス金利政策との相乗効果などといわれるが、高額紙幣廃止にはデメリットもある。そもそも現金至上主義の日本人に受け入れられるのか。(iRONNA)

 日銀による量的緩和策が5年前にスタートした当初、消費者物価指数がすぐにプラスに転じるなど、順調に物価が上昇するかに見えた。ところが消費税が8%に増税された直後から物価上昇率の鈍化が始まり、2015年2月には0%まで低下。16年7月にはマイナス0・5%にまで落ち込んだ。

 日銀は量的緩和策を補完する目的で、16年1月にマイナス金利政策を導入したが、タンス預金が増えるなど完全に逆効果となってしまった。日銀はその後、マネー供給の量を追い求める政策を事実上撤回した状態にあり、非常に難しい立場に置かれている。

 量的緩和策は本来、市場にインフレを発生させることを目的としている。インフレになった場合、現金を持っている人は損失を抱えてしまう。中央銀行がインフレを起こそうとしていると知れば、消費者はお金をモノに換えようとするはずである。つまり、タンス預金は、インフレ政策の下ではまったく非合理的な行動ということになる。

 景気浮揚効果は微妙

 だが、現実には多くの日本人が、マイナス金利政策の導入と同時にタンス預金を増やすという、全く逆の行動に出ている。量的緩和策のメカニズムを理解していないものと思われるが、何よりも不安心理が先に立ち、これが現金保有を加速させた可能性が高い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ