【iRONNA発】豪雨報道 テレビは「赤坂自民亭」より不謹慎? 藤本貴之氏

 西日本を襲った豪雨災害は、平成史に残る記録的な被害をもたらした。これほどの大災害だったにもかかわらず、テレビの報道ぶりに違和感を覚えた人も少なからずいたのではないだろうか。「赤坂自民亭」もさることながら、テレビの豪雨報道もなんだかおかしい、そう思いませんか?

                   ◇

 西日本を襲った数十年に1度という豪雨とはいえ、首都圏にいるとその実感は薄い。被害を体感することのできない側の人間が、状況のリアルを知り、痛みを共有し、地域を超えて問題意識や危機感を持つためには、正しく客観的な報道から情報を得るしかない。

 それこそが「公共の電波」を使ったメディアであるテレビ本来の役割である。しかしながら、今日のテレビを見れば、ニュースを報道する多くの番組が「報道番組」ではなく「情報番組」、すなわちエンターテインメント化した「報道もどき」というのが現状だ。

 東日本大震災や熊本地震などの時でもそうだったが、テレビが「震災報道」と称して、単なる「スクープ」「衝撃映像」を求めているだけのような動きをしたり、何を勘違いしたのか、取材クルーが単なる迷惑になっているだけの場合も少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ