『正論』創刊45周年記念パーティー 櫻井氏「たった一つの祖国を大事に思うメディアだ」

 産経新聞社が発行する月刊誌『正論』創刊45周年記念パーティーが9日、東京都内で開かれ、正論路線の賛同者、執筆陣、国会議員らが出席した。

 ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「たった一つの祖国、日本を大事に思うメディアである産経新聞と『正論』が好きだ。産経がなくなったら日本は暗くなる。これからも応援していく」と挨拶。また、安倍晋三首相がビデオメッセージを寄せ、「『正論』は妥協を許さぬ鋭角的な発信で日本と世界の歩みを刻んできた。一貫して言論界をリードしてこられた歴代の豪華執筆陣に敬意を表する」と祝辞を述べた。

 産経新聞の飯塚浩彦社長は正論路線を堅持する考えを強調した上で、「『日本を愛し、その歴史に誇りを持とう』という精神を堅持し、日本社会のあるべき指針を提示していく」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ