「ロシア版」報道の自由

【赤の広場で】

 先日、現在はIT企業の経営者に転じた元男性記者が、アルメニア出張の途中、モスクワに立ち寄ってくれた。夕食をともにしたが、そこはかつての同業者。露メディアの話題となった。私が「あからさまな政府批判は少ないけど、行間でそう読ませる記事は多いよ」と言うと、彼は「ロシアにも報道の自由はあるんですね」と驚いていた。

 彼の驚きは、赴任から2カ月がたった私の驚きでもある。毎日、現地新聞に目を通しているが、赴任前に想像していた以上に政権に批判的な記事を目にする。長期政権への倦怠(けんたい)感、インターネット規制の危惧、露諜報機関の“低レベル”な工作活動への揶揄(やゆ)などだ。

 20年近くに及ぶプーチン政権の統治下で、露政府は多くのテレビ局や新聞社に圧力を加え、支配下に置いてきた。ネット規制も進めている。政権に批判的な記者が何者かに殺害される事件も複数起きた。「それでも矜持(きょうじ)のある記者は、ぎりぎりのラインで真実を伝えている」(露メディア関係者)のが実情だという。

 彼は「人も親切で“おそロシア”のイメージが変わった」とも言った。これも同感だ。ロシアは油断できない国だが、国民レベルでは一般に素朴で、日本人差別も感じない国だ。ロシアの現実を伝えることで、日露友好の一助になればと思う。

(小野田雄一)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ