新春対談 安倍晋三首相×バイオリニスト・五嶋龍氏(2-1)

 天皇陛下が譲位され、新天皇が即位される新しい年を迎えるにあたり、安倍晋三首相は、北朝鮮による拉致被害者救出を訴えるチャリティーコンサートに取り組んできたバイオリニストの五嶋龍氏と対談した。「宿命の人」と言われる2人は、激動の国際情勢を踏まえ、平成の先の時代をどう見つめているのか。司会はジャーナリストの櫻井よしこ氏が務めた。

 □安倍晋三首相

 ■平成の先へ、新しい時代作る 拉致、私自身が金委員長と向き合う

 □バイオリニスト 五嶋龍氏

 ■自分のパッション生かしたい

 櫻井よしこ氏 明けましておめでとうございます。

 安倍晋三首相 明けましておめでとうございます。

 五嶋龍氏 明けましておめでとうございます。よろしくお願いします。

 櫻井 今年は日本にとって非常に大切な行事がめじろ押しであり、世界も大きく変わると思います。まずお二人から、今年の抱負をお話しください。

 首相 今年は何といっても皇位継承があり、20カ国・地域(G20)首脳会議を初めて日本で開催します。世界中のリーダーが集まり、世界経済について議論をする大切な会議ですが、世界が目指すべき方向を日本が示し、リーダーシップを発揮していきたい。ラグビーのワールドカップも開催され、日本各地で熱戦が展開される。まさに平成の、その先の時代に向かって新しい時代を作っていく。そういう年のスタートにしたいと思います。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ