【外信コラム】韓国の反体制的な告発番組のCMに日本商品が堂々と登場

 MBCテレビの人気告発番組『PD手帳』が山間部の渓流を汚染している大手企業の亜鉛精錬工場の実態を暴露するというので久しぶりに見た。現場が洛東江の最上流で筆者の渓流釣りのポイントになっているからだ。『PD手帳』は執拗(しつよう)な追跡報道で定評があり、反体制的な内容が多いので保守派からは煙たがられている。今回は環境破壊企業の告発・追及だった。

 ところが番組のスポンサーに日本のアサヒビールが入っているのに驚いた。いや感激した? イケメン系のトップ級男性スター、チョ・インソンさんを起用し、日本イメージを出しながら「スーパードライ」を実にうまそうに飲ませている。

 調べてみると日本のビールのテレビCMは以前からあるようだが、それにしても韓国の反体制的な告発番組のCMに日本商品が堂々と登場しているとは愉快ではないか。それほど日本の“食文化”は韓国社会に定着していて、韓国人は日頃、アサヒビールを飲みながら「日本はケシカラン!」と気炎を上げているようなものだ。

 「アサヒ」は輸入ビールの中では一番人気だからどこでも出る。そこで筆者は居酒屋ではいつも「サンケイはないの?」といってからかい、ついでに「日本じゃアサヒよりサンケイがスカッとして人気なんだけどねえ…」と。(黒田勝弘)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ