【主張】羽田の新ルート 住民の不安払拭に全力を

 羽田空港の国際線を増便するため、国土交通省が東京都心の上空を通過する新たな飛行ルートの運用を来年3月29日から始めることを決めた。

 これにより同空港の昼間の国際線発着回数は、現行の年間約6万回から約9.9万回に増加する。来年夏の東京五輪・パラリンピック開催などに伴う国際航空需要の拡大に備えるのが狙いだ。

 新たな経路では新宿や渋谷、品川などの各区上空を1千メートル以下の高度で飛行する。地元住民には騒音や旅客機からの落下物を懸念する声が根強い。当然だろう。

 政府は来年までに訪日客数を4千万人に増やす計画であり、羽田増便には新ルートが不可欠だとしている。それだけに政府には地元住民の不安をできる限り払拭するように努める責務がある。

 新たな経路は南風が吹く日の午後3~7時に運用し、羽田発着の国際線は1日約50便増える。南風が吹いていても午前や夜は、現行の千葉県側から東京湾上空を通過する経路を使う。米軍が管制権を持つ横田空域を一部通過するが、旅客機は日本側が管制を行うことで米側と合意している。

 国交省は地元住民に対する説明会を各地で開催してきた。住民の不安に応えて飛行高度を上げて騒音を減らしたり、防音工事の助成対象を拡大したりした。それでも品川区大井町付近などの騒音は「騒々しい街頭」と同程度の最大80デシベル程度になると見込まれる。今後も丁寧な説明を尽くして幅広い理解を得てもらいたい。

 地元の不安は騒音だけではない。部品や氷など落下物を心配する声も多い。同省では航空会社に部品落下に関する罰則を設け、落下しやすい部品の点検強化なども決めた。都市空港として市街地近隣に位置する伊丹空港や福岡空港の取り組みも参考に、きめ細かな対応を講じてほしい。

 羽田と成田空港を合わせた首都圏空港の機能強化は、日本の国際競争力を高めるためにも重要である。アジア各国でも空港の増強を進めており、都市間競争が激化しているからだ。ただ、羽田は今回の新ルート運用で増便の余地はほぼ限界を迎える。

 一方、成田では10年以内をめどにして第3滑走路の計画も検討されている。その着実な建設を進めながら、羽田と成田の効果的な機能分担も検討したい。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ