【主張】体罰の指針案 しつけの萎縮を招かぬか

 厚生労働省が、どんな行為が体罰にあたるのかしつけとの違いを示したガイドライン(指針)案をまとめた。体罰を禁じる改正児童虐待防止法などが来年4月に施行されるためだ。

 親のしつけに名を借りた虐待は許されない。だが、これがしつけの放棄につながれば、逆に子供の真っ当な成長が望めない。適切な指導まで萎縮しないよう、指針案のさらなる検討を求めたい。

 指針案は有識者検討会で大筋の了承を得たというが、しつけそのものを縛るものだと誤解されかねない。体罰の定義を「身体に何らかの苦痛または不快感を引き起こす行為(罰)は、どんなに軽いものでも体罰に該当し、法律で禁止される」などとしている。

 例えば「大切なものにいたずらをしたので長時間正座をさせた」「他人のものを盗んだので罰としてお尻をたたいた」「宿題をしなかったので夕ご飯を与えなかった」は体罰にあたる。

 悪さをしたらたたかれ、押し入れに入れられる。そうした「罰」は、多くの大人が経験してきたことだ。宿題はやって当たり前である。だめなことはだめだと、体験的に教えねば子供は分からない。会津藩では「ならぬことはならぬものです」と厳しく教えた。

 指針案は「体罰等によらない子育てのために」と題しているが、理想論に偏った感がある。子育ては、そんなきれい事ばかりではすまされない難しさがある。

 改正児童虐待防止法と改正児童福祉法では、親権者による体罰禁止が明記された。千葉県野田市の小学4年の女児が親の虐待を受け死亡した事件がきっかけだ。

 しつけを隠れみのにした暴力は断じて許されない。これを明確にし、痛ましい事件を起こさぬために、広く体罰を禁止する規定を設けたものだ。

 体罰としつけは、区別されるべきだろう。ただその線引きは難しい。「不快感」を与えぬ説教とはどういうものか。羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く指針では健全な成長を妨げ、本末転倒とならないか。

 家庭でも学校でも、いじめをする子供にしつけも指導もできない現状が批判されている。規則を明確に決め、守れなければ厳しく対処する。あいまいに放置しないことが相互の愛情と信頼を生む。しつけや指導の重要性についても深く論議すべきではないか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ