新型肺炎 台湾 自由時報「中国の全体主義こそ重病だ」

 FTの記事によると、武漢では1月の春節(旧正月)前に4万人以上の集まる大宴会が行われ、観光地への無料切符20万枚の配布も予定通りに行われた。地元住民らは、これがウイルス蔓延を加速させたのではないかと憤っている。

 中国国内の批判は現時点で周市長に向けられており、国家体制が揺らぐことは考えづらい。記事はしかし、今年が習近平国家主席にとって「きわめて難しい年」になるとする米研究者の談話を引用する。「習氏は帝国を建設したいと思っているが、それどころか国内の火消しに時間を費やすだろう」(遠藤良介)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ