コラム

【産経抄】アメリカで花開く寿司文化 4月26日

 「米国で和食を広めよう」。こんな夢を抱いて、1964年に一家4人でロサンゼルスに移住した。41歳の金井紀年(のりとし)さんは、日本の食品を扱う小さな商社の社長に就任する。当時ささやかながら、日本食ブームがすでに始まっていた。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧