コラム

【主張】GDP大幅減 危機的状況の認識を持て

 厳しい数字である。令和元年10~12月期の実質国内総生産(GDP)が年率換算で6・3%減になった。5四半期ぶりのマイナス成長である。[続きを読む]

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ