ライバルに一服盛ったカヌー選手の愚行 ボクシングの「毒入りオレンジ事件」を思い出した

前の写真へ
禁止薬物を混入されたことなどについて、取材に応じるカヌーの小松正治選手=10日午前、石川県小松市

禁止薬物を混入されたことなどについて、取材に応じるカヌーの小松正治選手=10日午前、石川県小松市

 ■1月11日 かつて日本のボクシング界を揺るがせた「毒入りオレンジ事件」(1982年)を思い出した。世界王者を抱える有名ジムの会長が、防衛戦の相手に筋弛緩(しかん)剤とみられる薬物を注射したオレンジを差し入れた、とある週刊誌が大々的に報じた。国会でも取り上げられたほどだが、真相はやぶの中だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ