USJ、マリオに400億 沖縄より大阪に優先投資 手堅く収益高めるのが米流?

 大阪市のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)に建設が予定される任天堂の人気キャラクターを使ったアトラクションは、400億円規模の大型投資になることが判明した。USJの運営会社は沖縄県での新テーマパーク構想も打ち出しているが、当面は限られた投資を好調なUSJに優先配分して手堅く収益を高める戦略をとる。(藤原直樹、阿部佐知子)

 USJの運営会社ユー・エス・ジェイは、沖縄の人気観光スポット・海洋博公園(沖縄県本部町)周辺で約600億円をかけて新パークを建設する方針を打ち出し、東京五輪が開催される平成32年までのオープンを目指していた。

 一方で、昨年11月にユー・エス・ジェイを買収した米メディア大手コムキャストは新パークの採算性に懸念を示した。ユー・エス・ジェイの最高経営責任者(CEO)に就任したコムキャスト出身のジャン・ルイ・ボニエ氏は今年2月の記者会見で、「USJではアトラクションなどに大型投資を続ける」とUSJに集中投資する意向を示し、新パーク計画は見直し作業に入っている。

 任天堂との提携で進める新アトラクションは400億円規模の大型投資となり、東京五輪までのオープンを目指すことで、新パークよりもUSJへの投資を優先する姿勢が鮮明となった。ただ、沖縄の新パークも断念せずに開業時期を遅らせて計画を進める可能性が残っている。

 USJは、訪日外国人の増加などで27年度の入場者が過去最高だった26年度の1270万人を上回ることが確実となっている。ボニエ氏は「入場者はあと300万~400万人は増やすことが可能」と明言。人気キャラクター「マリオ」を使うなど任天堂との提携事業を優先して進めることでさらなる集客を目指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ