驚異的な完成度…幻の日産スーパーカー「MID4」 なぜ市販化されなかった?  

日産「MID4」(1985年)

日産「MID4」(1985年)

 自動車大国の日本になぜポルシェやフェラーリのような世界に誇れるスーパーカーが生まれないのか-。

 そんな疑問に答えようと日産は1984年、持てる技術を結集したコンセプトカーの開発を進めていた。

 プロジェクト担当は「スカイラインの父」といわれた、あの桜井真一郎氏。クルマの特徴はF1マシンが採用するエンジン配置「ミッドシップ」とラリー車の「フルタイム4WD」を組み合わせ、4WS(四輪操舵)も採用した新世代のスポーツカーだ。

 意気込む日産は「MID4」の名で翌85年の東京モーターショーに出品。リトラクタブルヘッドライトを備えたシャープなデザインは「和製スーパーカー」としてたちまち大人気になる。

▼簡単登録の「プッシュ通知」始めました。詳しくはこちらへ

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ