任天堂「スイッチ」発表会ルポ どよめき、拍手、サプライズ…マリオがNYのマンホールから登場

 東京・有明の東京ビッグサイトで13日に開かれた任天堂の新型ゲーム機「スイッチ」の発表会には、多くのゲーム関係者や報道関係者が詰めかけ、注目度の高さが改めて印象づけられた。発表会では「ゼルダの伝説」「スプラトゥーン」「スーパーマリオ」などの最新作がスイッチで発売されることが明らかにされた。これまでのゲーム機に搭載された機能を進化させてちりばめたといい、“集大成”ともいえるゲーム機だ。

 「日本では2万9980円」

 君島達巳社長が希望小売価格を発表すると会場はどよめき、業界関係者らから拍手が起こった。

 3月3日に日本、米国、欧州主要国、豪州、香港で発売するという。対戦ゲームなどのオンライン環境も整備し、スマートフォンで遊ぶ時間を約束するなど、ボイスチャットもできるようにする。オンラインサービスは今年秋までは無料で、その後有料化するという。

 その後、担当者が説明したのは、「数々の(任天堂の)ゲーム機のDNAを受け継いだ」ということ。2つのコントローラーは『ファミリーコンピュータ』から、外でも遊べるのは『ゲームボーイ』。ボタンが増えたのは『スーパーファミコン』、コントローラーの振動は『ニンテンドー64』、感覚的な操作は『Wii(ウィー)』などだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ