トランプ政権 初の日米財務相会談 対日圧力回避へ為替協議

 【バーデンバーデン=中村智隆】麻生太郎財務相は17日、訪問先のドイツ南西部バーデンバーデンで、ムニューシン米財務長官と初めて会談した。トランプ米大統領は日本の為替政策を通貨安誘導と問題視している。日本は相場安定の重要性などについて認識を共有し、対日圧力を回避したい考えだ。

 会談は現地で17日(日本時間18日未明)開幕の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に先立って行われた。

 これまでトランプ氏は、ドル高が米国からの輸出の足かせになる一方で、日本は輸出に有利になるよう円安に誘導していると主張してきた。米国の日本に対する貿易赤字は、2016年は689億ドル(約7兆8千億円)で、中国に次いで2位になっている。

 これに対し、日本は11年11月を最後に為替介入は行っておらず、円安の原因とされる金融緩和についても、日銀の黒田東彦総裁が「中央銀行は物価安定という目的のために緩和を進めている」と説明してきた。 ただ、G20会議を前にドイツのショイブレ財務相と会談したムニューシン氏は16日の記者会見で「為替操作をしないことが重要だ」と述べ、ドルが必要以上に高くなることに懸念を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧