G20が初日の討議終了 「急激な為替変動は経済に悪影響」従来合意を踏襲へ 自由貿易も議論

 【バーデンバーデン=中村智隆】20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は17日(日本時間18日未明)、初日の討議を終了し、為替政策について、急激な為替変動は経済に悪影響などとした従来のG20合意を踏襲することで一致した。共同声明に盛り込み、18日閉幕する見通しだ。

 これまでG20は為替の過度な変動は経済・金融の安定に悪影響を与えることや、輸出を増やすために自国通貨を安値に誘導する「通貨安競争」の回避などを確認してきた。

 麻生氏は17日の討議後、記者団に「為替政策に関するG20のこれまでの合意を再確認することが極めて重要だと発言した」と語った。各国から反論は出なかったとみられる。

 トランプ米大統領は、中国や日本などを通貨安誘導と批判しており、G20での為替政策についての合意が注目されていた。

 一方、貿易に関しては、結論を見いだせなかった。麻生氏は「(会議で)自由で公正な貿易のルールに基づかなければならないと説明した」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧