3D図面で部品を簡単製作 「工場のアマゾン」ミスミグループ本社がモノづくり大国復権に挑む!

 ミスミはもともと、顧客が求める部品をネット上のカタログから選んで注文できるサービスを展開してきた。さまざまな部品を標準化し、サイズや形状ごとに分類することで、特注の必要をなくしたのが特徴だ。ただ、複雑な形状の場合は標準化するのが難しいという弱点があった。

 これに対し、メヴィーは3D図面さえあれば、かなり複雑な部品にも対応できる。

 「今しかない」

 ITの発展で、3D図面の作成が容易になりつつあった3~4年前、吉田氏は新サービスを思いついた。

 当時、吉田氏は赴任先の中国から帰国し、同開発室に異動したばかりだった。ともに中国で働いた中川賢治氏と芝田篤史氏も配属され、3人を中心にチームが組まれた。

 3人は中国赴任中、複雑な形状の部品にも対応できるネット通販を検討したことがあった。しかし、カタログから選ぶ方式にこだわった結果、商品が膨大な数にのぼり、失敗に終わった。「リベンジの今回は従来の発想から抜け出そう」と3人は誓った。

 ただ、3D図面を扱う過去に例のないサービスとあって手本がない。そこで、構想段階からIT企業に協力を呼びかけることにした。

 「あの企業は技術を持っている」との噂を聞きつけては、世界各地に足を運んだ。そして探し当てた複数の協力先と連携しつつ検討を重ね、画期的なサービスを始めることができた。今後は、金型関連の部品だけでなく、対象範囲の拡大も検討していくという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ