トヨタと日産、超小型EV普及へ実験 街の“チョイ乗り”に期待

 トヨタ自動車と日産自動車が、超小型の電気自動車(EV)の普及へ、カーシェアリングの実証実験に取り組んでいる。コンパクトな車両なので狭い道でもスムーズに走れ、短距離移動の“チョイ乗り”に向いていると期待されており、カーシェアの運用も含めたノウハウを蓄積し、本格的な普及に備える狙いだ。

 日産は、超小型EV「日産ニューモビリティコンセプト」を使ったカーシェアサービスを17日から横浜市内限定で開始した。期間は約2年間。超小型EVは25台用意して、14のステーションで貸し渡しと返却が行えるようにした。1日の最大利用料金は3千円。利用には運転免許証とスマートフォン、クレジットカードが必要となる。

 日産は平成25年10月からの2年間、横浜市と同様の取り組みを実施した経緯がある。今回は、超小型EVを使った観光ガイドツアーも実施する予定という。

 トヨタは、駐車場大手のパーク24と、超小型三輪EV「i-ROAD(アイロード)」を使ったカーシェアの実証実験を27年4月から東京都内で展開。昨年9月からは企業など事業者向けに同車を貸し出す実証実験を都内で実施している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧