サーバーやコンピューターを液体冷却 NTT東日本など データセンターの消費電力削減

 【スゴ技ニッポン】

 NTT東日本は富士通などとともに、インターネット用のサーバーやネットワーク機器などのIT機器を設置、運用する施設のデータセンターの消費電力を削減する省エネ技術の開発に向け、実証実験を進めている。データセンターの省エネでは、稼働とともに熱を発生するサーバーやコンピューターなどを効率よく冷却することが課題になる。これまでのように空調機器を使って冷やすのではなく、液体に浸すなど電力を使わない冷却に置き換え、消費電力削減を実現する。IT機器以外にかかる電力消費をゼロに近づける取り組みで、最終的には中小規模のデータセンターの消費電力を現在より3割以上削減する仕組みをつくり、実用化を目指す。

 この計画は、環境省の「2016年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択された。NTT東は富士通、高砂熱学工業の両社と、社団法人のEEC総研と共同で実施する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧