テスラ、5万台リコール 駐車ブレーキ不具合

 米電気自動車メーカー、テスラは20日、世界で5万3千台をリコール(無料の回収・修理)すると発表した。駐車の際に使う電動のパーキングブレーキについて、解除できない欠陥の恐れがある。関連の事故やけが人は確認されていないという。

 2016年2月から10月までに生産されたセダン「モデルS」とスポーツタイプ多目的車(SUV)「モデルX」が対象。リコール対象の5%未満の車両で、問題が生じる恐れがあるとしている。テスラは国・地域別のリコール台数を明らかにしていない。

 ロイター通信によると、16年に生産されたモデルSとモデルXは計8万3922台。テスラとしては、比較的大規模なリコールとなる。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧