部下のモチベーションを高める「ひとこと」とは? 笑福亭鶴瓶の名人芸も参考に

 《リーダーがつぶやく言葉にはパワーがある。職場のポテンシャルを引き出す戦略的なひとこととは?[伊庭正康,ITmedia]》

 私は、企業リーダーへの研修と、その実践に向けてのコーチングを行っています。研修とコーチングを合わせると年間250回ほどの機会を持っています。

 多くの企業に訪問する中で、感じることがあります。実は、リーダーが何気なくつぶやく「ひとこと」に、職場のポテンシャルは影響を受けるということです。例えば、同じ局面においても 「難しいなぁ」と言うリーダーもいれば、「できる方法があるとしたら、何があるかな」と、言うリーダーもいます。同様に「前例がないので…」と言うリーダーもいれば、「むしろ、チャンスかも」と言うリーダーもいます。当然ですが、後者のリーダーの方が、職場のポテンシャルを引き出すことができます。

 リーダーがつぶやくひとことにはパワーがあります。今こそ、リーダーの戦略的なひとことが必要になってきているのではないでしょうか。ここでは、そんなエネルギーを持つ「職場で使いたいひとこと」を紹介します。

ひとこと1:「それも、大事だよね」

 「それも、大事だね。いい気付きだ。でも、この観点で考えるとどうかな? そうだね。よく気付いたね。今回は、満点の3点ではなく、成長に期待をして2点にしておこう。」

 これは、スターバックスの店長とバイトの面談でのシーン。気付きましたか。「ダメだし」のフィードバックなのです。しかし、バイトは、前向きにとらえます。それは、「自分なりの努力を認めてもらえている」という根源的な欲求が満たされるからです。このようにリーダーが、「努力や考えを認める」ことができれば、部下はそこにやる気を見いだします。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ