ブルガリア大使の辞職を承認 政府、文科省の天下り問題で処分

 政府は19日の閣議で、元文部科学事務次官の山中伸一駐ブルガリア大使の辞職を承認した。山中氏は文科省在職中に違法な天下り斡旋(あっせん)に関与したとして3月30日に停職相当の処分を受け、大使を辞職する意向を表明していた。

 山中氏は平成27年8月に文科省を退職し、28年6月に駐ブルガリア大使に就任した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ