誰でも気軽に1000円で株投資 One Tap BUYの林和人社長CEOは「徹底主義者」

 【リーダーの素顔】

 スマートフォンにダウンロードしたアプリを使うことで、「1000円で株式を買える」証券会社を営んでいる。若い頃は、香港を舞台に証券ビジネスで大活躍。40歳が迫り、中国株専業の証券会社を設立するも志を遂げることはできなかった。50歳を前にして再び立ち上がり、2度目の起業。誰でも気軽に株を買えることを目指し、新たなサービスの考案に取り組む日々だ。

 --One Tap BUYとはどんな会社ですか

 「ひと言でいうと、『千円で株式投資ができる、日本初のスマホ専業証券会社』。日本では株式投資に必要な最低金額が数十万円になることが多く、証券会社の顧客層も中高年が主体です。ただ、株式投資は長期投資を前提として若い頃に始めた方がメリットは大きい。初心者や働く世代に向け、株式投資のハードルを下げて利用していただくのが狙いです」

 --なぜ千円にしたのですか

 「平成28年6月にサービスを開始した当初は、1万円で米国株を売買できるという内容でした。それはそれで画期的でしたが実際にやってみると、例えば学生などでは1万円でも株式投資は難しいという声があり、年明けに千円に下げました。すると当社の顧客口座数が一挙に増え、足元では3万口座弱あります。今年2月からは従来の米国株に加え、日本株の上場投資信託(ETF)も扱っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ