「ビットコイン」普及へ追い風 フィンテック法施行 政府公認で信用力

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の普及が加速してきた。ビットコインは、2012年まではおおむね1ビットコインは1000円に満たなかったが、最近では1ビットコインが28万円弱にまで急騰しており、その市場規模も約4.5兆円になっている。家電量販店の中には、ビットコインによる支払いを受け入れる店舗が現れ、ビットコインを現金化するATM(現金自動預払機)も設置されるようになった。

 私は数年前に、ITと金融を融合させた新サービス「フィンテック」に関する相談を受けた折に、ビットコインはどういうものかを体験したいと思い、1ビットコインだけ購入したことがあった。その後、このビットコインを購入した取引所は閉鎖され、手元には購入したビットコインを示す文字列の羅列と2次元バーコードのプリントアウトだけが残っていた。

 昨年のフィンテック法(資金決済法等の改正)が制定されたときに、これを思い出して、スマートフォンにビットコインのウォレットのアプリを入れて、バーコードを読ませた。ウォレットに1ビットコインが入り、このアプリを開くたびに、1ビットコインの表示と、日本円換算された金額が表示される。これを見て、中東や、アジアの富裕層が国外に資産を持ち出すにはもってこいのサービスだと感じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧