MRJ実機を初展示 19日からパリ航空ショー

 三菱航空機(愛知県豊山町)は18日、国産初のジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の試験機を、フランス・パリ近郊のルブルジェ空港で報道陣に披露した。19日に開幕する航空見本市「パリ国際航空ショー」で展示する。見本市でのMRJの実機公開は初めて。

 パリ航空ショーは英国の「ファンボロー国際航空ショー」と並ぶ世界最大級の見本市で、2年に1度開かれる。MRJの開発は設計変更などにより大幅に遅れており、三菱航空機は多くの関係者らに機体を直接見てもらい、性能やデザインをアピールする考えだ。

 米国で飛行試験に使っている機体に、最初の顧客であるANAホールディングス(HD)の青を基調とする塗装を特別に施し、滑走路近くに駐機。約70人の報道陣を前に、三菱航空機の水谷久和社長は「機体がここまでできていることを見てほしかった」と述べた。 MRJの展示は21日まで。デモ飛行の予定もないという。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧