長期金利上昇0・055%

 週明け19日午前の国債市場は、長期金利の指標である新発10年債(347回債、表面利率0・1%)の利回りが、前週末終値より0・005%高い0・055%で始まった。

 日経平均株価が一時2万円台を回復し、リスク志向が強まったため、安全資産とされる国債が売られ、金利が上昇した。

 大阪取引所10年国債先物の中心限月である9月きりは02銭安の150円41銭。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧