東芝株主総会詳報(2)成毛副社長の眼帯姿に株主から質問「暴漢に襲われたのか?」「こけてぶつけた」

 午前10時51分、東芝側から議案のほか、決算見通しや半導体子会社の売却手続きの状況などの説明が終わり、株主の質疑応答が始まった。冒頭から大荒れだった3月の臨時株主総会とは打って変わって、しばらくは淡々としたやり取りが続いた。

 株主「東芝グループ内でパワハラや退職勧告、人権侵害などがある。風土改革は行われているのか」

 牛尾文昭専務「グループ会社の個別の労務事案であり、従業員のプライバシーに関連する回答はいたしかねる」

 株主「東電の福島第1原発事故に関連して、国および東電に対する損害賠償請求の可能性は」

 畠澤守常務「損害賠償については、私どもの立場を代弁するような形で質問をいただき感謝している。明確なルールあるので、その中でより品質の高い製品を供給することに注力したい」

 株主「なぜこの会場(幕張メッセ)を設定したのか。以前のように都内の(アクセスの)いいところでやってもらいたい」

 綱川智社長「多数の株主の来場が予想される中で、適切な収容能力がある会場ということで幕張になった」

次ページ「異常事態の東芝に必要なのは強力なリーダーシップだが…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧