アマゾン配達、一部で遅れ 配送業者と対策協議

 アマゾンジャパンは6日、一部顧客への商品配達が遅れていることを明らかにした。顧客の指定した日時や、同社が配送予定と伝えた日時よりも遅れる事例があるとしており、対策を急いでいる。アマゾンの広報担当者は「複数の配送業者と協議を続けており、顧客の指定日時の配送を実現するため、努力中だ」とコメントした。

 遅延が発生している地域や時間帯など具体的事例は非公表。利用者からは「届かない」という問い合わせもあるというが、件数や内容は明らかにしていない。

 アマゾンは、宅配最大手のヤマト運輸が当日配送からの撤退を検討しているのを受け、地域限定で配送する業者を「デリバリープロバイダ」と称し提携を進めている。ただ人手不足は運送業界共通の課題で、配送体制の見直しが遅れにつながっている可能性もある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ