米スズキ元社員に有罪 バイク汚染物質で虚偽報告

 米司法省は14日、西部カリフォルニア州に本社を置くスズキ関連会社の元社員が、バイクが排出する環境汚染物質に関し、虚偽の報告書を米環境保護局に提出していた罪を認めたと発表した。

 罪を認めたウェイン・パウエル元社員は最長2年の禁錮刑と最高25万ドル(約2800万円)の罰金を科される可能性がある。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ