自宅で始まった学生の趣味が“巨大プロジェクト”に… NTTドコモの「浮遊球体ドローンディスプレイ」開発秘話

《「『サイエンスフィクション』を『サイエンス』にしたい」。[太田智美,ITmedia]》

 「思い付いたのは入社前。2011年ごろのことでした。趣味でパーツをちょこちょこ買っては、自宅で作っていたんです。時には、海外からパーツを輸入したりして。そのときは、これが仕事になるなんて思いもしなかった」--そう語るのは、浮遊球体ドローンディスプレイの開発者、NTTドコモ 先進技術研究所の山田渉さんだ。

 浮遊球体ドローンディスプレイは、2017年4月にNTTドコモが発表した飛行型球体ディスプレイ。ドローンの周囲をLED付きフレームで覆い、そのフレームを空中で高速回転させると、光の残像によって文字や絵が映し出されるという仕組みだ。発表するやいなや大きな話題となり、発表直後に開催されたイベント「ニコニコ超会議2017」にも展示された。

 NTTドコモの一大プロジェクトかと思いきや、実は1人の学生が趣味として自宅で始めたものだった。どのようにして、大企業を巻き込むプロジェクトになったのか。

個人の限界と、飲み会での出会い

 「浮遊球体ドローンディスプレイはもともと、映像表示部分と飛行部分を別々に作っていました。これを合わせて完成させるためには、費用も設備もそろえないといけない。さらに、材料の選別から構造力学や航空力学まで、全ての知識と技術力がなくてはならない。そう考えたとき、自分一人でやることに限界を感じました」

浮遊球体ドローンディスプレイ(空中を飛んでいる様子)

浮遊球体ドローンディスプレイ(空中を飛んでいる様子)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧