ビットコイン停止前倒し 23日の規格変更で混乱回避へ

 仮想通貨の取扱事業者などでつくる日本仮想通貨事業者協会は21日、国内の13取引所がビットコインの引き出しや受け入れの一時的な停止を決めたと発表した。当初予定していた8月1日から前倒しする。一部事業者が23日にビットコインの規格を変更するため、市場の混乱を避ける必要があると判断した。

 同協会によると、取引の停止や再開の日時は各取引所が判断する。8月1日に別の規格を立ち上げようとする計画はあるといい、協会は利用者に注意を呼び掛けている。

 ビットコインを巡っては、取引の増加を受け、システムの取引記録を管理する民間事業者の間で処理能力を高めようとする動きがあり、複数の案が対立している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ