ビットコイン入出金再開 規格変更で混乱生じず

 インターネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」を扱う国内の主な取引所は24日、一時停止していたコインの受け入れや引き出しを順次、再開した。システムの処理能力の向上に関する世界的な規格変更が23日に実施されたが、大きな混乱が生じない見通しとなったため。

 この日再開した取引所の運営会社は、ビットバンクやフィスコ仮想通貨取引所、ビットポイントジャパンなど。コインチェックは既に23日に入出金を再開した。

 フィスコの田代昌之アナリストは「(規格変更による)問題は生じていない。ビットコインの価格にも激しい値動きはなかった」と指摘した。

 ただ、業界団体の日本仮想通貨事業者協会によると、8月1日にはこれまでとは違う別の規格を設けて「ビットコインキャッシュ」と呼ぶ新しい仮想通貨をつくろうとする動きがある。その時期に、取引が再び一部停止となる可能性があるとして、同協会は利用者に注意を呼び掛けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ