NY円、4カ月ぶり円高 一時108円72銭

 11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は北朝鮮をめぐる国際情勢の緊迫化を背景に円買いが進み、一時1ドル=108円72銭をつけ、4月中旬以来約4カ月ぶりの円高水準となった。午前8時半現在は、前日比43銭円高ドル安の1ドル=108円73~83銭。ユーロは1ユーロ=1・1793~1803ドル、128円31~41銭だった。

 北朝鮮をめぐる緊張の高まりを受け、シドニー、ロンドン市場では1ドル=108円台まで上昇。ニューヨーク市場は、こうした流れを引き継いで始まった。朝方に発表された7月の米消費者物価指数が市場予想を下回ったことで、米追加利上げが遠のくとの見方から、さらにドルを売って円を買う動きが加速した。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ