ビットコイン、分裂しても最高値のなぜ 北朝鮮リスクが追い風?!

 【経済インサイド】

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」が8月1日に分裂した。利用者離れが懸念されたが、ふたを開けてみれば価格はうなぎ上りで、すぐに最高値を記録。分裂で誕生した「ビットコインキャッシュ(BCC)」の価格も上がりつつある。騒動で逆に名前が知れ渡り、買いが集まった格好だ。特にビットコインは、緊迫化する北朝鮮情勢を受けリスク回避から資金が流入して高騰しているもようで、今後も「地位」が向上して価格は上昇しそうだ。しかし、分裂騒動が再燃する可能性もくすぶり、急落のリスクを指摘する声もある。

■最高値更新、年初の5倍

 取引所大手のビットフライヤーによると、BTCの価格は15日に1BTCあたり49万8200円を付け、最高値を更新した。現在は46万円前後で推移している。今年初めには10万円前後で取引されており、約5倍にも跳ね上がったことになる。

 一方のBCCは、分裂に伴ってBTCの保有者に同数が付与された。誕生時は1BCC当たり4万円程度だったが、現在は8万円前後となっている。

 BTCをめぐっては、当初は分裂に伴って利用者が離れる懸念があった。だが、実際には人気が集まり、価格が高騰している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ