安部川澄夫・元大和銀行(現りそな銀行)頭取が死去

 関西国際空港の建設に尽力した元大和銀行(現りそな銀行)頭取、安部川澄夫(あべかわ・すみお)氏が8月30日に肺炎で死去していたことが6日、分かった。94歳。葬儀は近親者で行った。喪主は長男、威(たけし)氏。後日、お別れの会を開く予定。

 昭和22年に東京大学を卒業し、大和銀行の前身である野村銀行に入行。常務などを経て59年に大和銀行頭取に就任した。平成3年に会長に就いたが、ニューヨーク支店の巨額損失事件を受け、7年に相談役に退いた。大阪商工会議所の副会頭、関西国際空港会社の会長なども務めたが、巨額損失事件により辞任した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ