スバル、ディーゼル撤退へ 2020年度めど、EV開発加速

 SUBARU(スバル)が、ディーゼルエンジン車の販売から撤退する方針を固めたことが7日、分かった。現在は欧州とオーストラリアで扱っているが、2020年度をめどに販売を終了する。世界的に競争が激化している電気自動車(EV)などに注力し、開発を加速する。

 ディーゼル車は日本国内では販売していない。欧州などではスポーツタイプ多目的車(SUV)の「フォレスター」や「アウトバック」にディーゼル車を設定している。年間販売台数は1万5千台程度で、スバルの世界販売の約1・5%を占める。

 今後はプラグインハイブリッド車(PHV)やEVの開発を強化する方針だ。18年に米国でPHVを、21年にはEVを売り出す計画を掲げる。

 フランスや英国が40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表するなど、各地で環境規制を強化する動きが広がっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ