東芝、半導体子会社売却の舞台裏 二転三転の激しいせめぎ合い、「劇場型買収劇」に

 東芝が9月13日に契約に向け覚書を交わしたのは日米韓連合だった。だが、最後になるまで売却先はどちらに転ぶかは分からない状況だった。

 売却交渉が迷走したのはトップの決断力の問題もあるが、経済産業省や銀行団ら多くの関係者の思惑に翻弄され、両陣営の提案合戦で薄氷のやりとりが繰り広げられた結果でもある。

 経済界首脳は最後にこう評した。「劇場型買収劇だ」(万福博之 井田通人)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ