世界企業ブランド順位、トヨタは7位に後退 6位浮上の韓国サムスンに抜かれる

 ブランドコンサルティング会社の米インターブランドは25日、2017年のグローバル企業のブランド価値評価ランキングを発表した。トヨタ自動車が7位で日本勢首位の座を堅持したが、過去最高だった前年の5位から2つダウンした。前年は7位だった韓国サムスングループが6位に順位を上げてトヨタを抜き、アジア勢で最高位。トップ100にランクインした日本企業は前年と同じ6社で、顔ぶれも変わらなかった。

 全体の首位は米アップル、2位は米グーグルで、ともに5年連続。3位は米マイクロソフト(前年4位)、4位は米コカ・コーラ(同3位)。

 高い成長力の企業の躍進も目立ち、5位は米アマゾン・ドット・コム。15年に初めてトップ10入りして前年は8位、今年はトップ5入りを果たした。米フェイスブックは8位(同15位)で初のトップ10入りした。

 トヨタを除く日本勢の顔ぶれは、中国市場で伸びているホンダが20位(同21位)、日産自動車が39位(同43位)と上昇。一方、キヤノンは52位(同42位)、ソニーは61位(同58位)、パナソニックは75位(同68位)に下がった。

 ランキングは2000年に始まり、今回で18回目。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ