東芝、上場維持へ前進 東証が「特設注意銘柄」指定を解除

 東京証券取引所は11日、東芝の株式に関して「特設注意市場銘柄」の指定を12日付で解除すると発表した。不正会計問題を受けて指定されたが、内部管理体制の改善が認められたとみられる。上場維持に向けて前進したが、半導体子会社の売却を来年3月末までに完了して、債務超過を解消しなければ上場廃止となる。

 東証は2015年9月、不正会計問題が発覚した東芝を上場廃止に次ぐ重い処分の特設注意市場銘柄に指定した。

 東証と同じ日本取引所グループ(JPX)傘下の自主規制法人が、東芝の上場を維持することが適切か、関係者への聞き取りを実施し、内部管理体制を審査していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ